省エネ塗装(遮熱塗装)

遮熱塗装 クールタイトシリーズ

クールタイトシリーズは、建造物の屋根に塗装することで、優れた遮熱効果を発揮する屋根用の遮熱塗料です。
室内環境の向上、冷房費の節約に役立ちます。

環境省により実証された技術
下記製品は、環境省が進める「環境技術実証事業:ヒートアイランド対策技術分野(建築外皮による空調負荷低減技術)」の
「高反射率塗料(遮熱塗料)」で、その性能が実証されました。

クールタイトEL工法【金属屋根用遮熱防食工法】
工場・倉庫に採用されている金属屋根は、海浜地区等の立地環境が厳しい条件下に置かれているケースが多く見られます。クールタイトEL工法は中塗層に弾性機能を持つクールタイトELベースコートを塗装することで、鋼材のたわみに対しても割れることなく追従し、防食性能を飛躍的に高めることができます。
標準色

※「戸建て住宅向け」、「工場倉庫向け」と分けていますが、個々の分野に限定されるものではありません。要望に応じて自由に選択してください。

戸建て住宅向け標準色

color

※「CLR-157」は、クールタイト、クールタイトSi、クールタイトFのみ設定しています。
注)画面上の色は、ご使用のモニターによって、実際の色とは異なって表示されますのでご注意下さい。

工場・倉庫向け標準色

color02

注)画面上の色は、ご使用のモニターによって、実際の色とは異なって表示されますのでご注意下さい。

grade
特徴
遮熱性

遮熱の技術的コンセプト図

①特殊顔料により近赤外線(熱線)領域の波長の光線を反射し、吸収する熱量を現象させます。
②汚れの付着による遮熱効果の低下を防ぎます。
 特殊セラミック成分の優れた低汚染効果により、長い間高い遮熱性能を維持することができます。
遮熱性

◎表面温度の比較

◎遮熱性能のメカニズム

表面温度 遮熱性能のメカニズム

◎サーモグラフィー(熱画像)による温度比較

◎色相熱の遮熱性能比較

サーモグラフィーによる温度比較 色相熱の遮熱性能比較

試験概要
折板屋根を模した試験体表面に、赤外線ランプを照射し、
加熱後の表面状態を観察すると、約20℃の差を生じていることがわかります。
(色:ストレートブラック)

試験概要
アルミ板に各塗料を塗布したものを試験体とし、屋外南面45度の角度で設置し、
試験時間中、1時間ごとに表面温度を測定した平均値を算出。
(試験は8月下旬の11時~15時)

遮熱の技術的コンセプト図

高耐久性樹脂の採用により、強靭で優れた耐候性、耐久性を示します。

促進耐候性試験
防かび・防藻性

特殊設計により、かびや藻などの微生物による汚染に対して優れた抵抗性を示します。

防かび・防藻性
その他の特徴
優れた防食性

無公害型防食顔料と特殊変性エボキシ樹脂によって、優れた防錆力を発揮する下塗材と、厚膜弾性の中途材のダブル効果で、優れた防食性を示します。

◎塩水噴霧試験結果(塩水噴霧時間:300時間)

塩水噴霧試験結果
遮音性

厚膜弾性の塗膜構造により雨音が低減します。

◎遮音試験結果
騒音レベル 音の測定状況
金属の保護

弾性を持つ中塗装は金属下地の変形にも追従し、長期にわたって優れた密着性を示します。さらに、上塗りの遮熱効果で温度上昇が抑制され、温度変化による金属の膨張収縮の緩和にもつながります。

金属の保護
塗装工事・防水工事の中部レキセイ お問合せはこちら