戸建住宅

雨漏り修理のことならお任せ下さい!
資格をもったスタッフが調査にお伺いいたします。雨漏りの状況を調査したうえで、 建物に最適な修理方法・防水工法をご提案させて頂きます。 (見積無料)
 

「雨漏り」で天井にしみなどができている場合、 しみができている場所の真上の他、壁やその周辺部から雨漏りしている事があります。

場合によっては、天井のしみのあるところから何mも離れた場所より雨漏りし、水が天井裏の梁を伝い、現状の箇所へ雨漏りしている事もありますので原因を特定しにくい場合もあります。

雨漏りが進むと、建物は大きなダメージを受けます。天井や壁が汚れたり、カビが発生する原因になったり、家具や家財にも影響が出るケースがあります。 居住に関係のない箇所の雨漏りでも、建物の躯体にダメージを与えかねません。
チェックポイント

ドレン周辺部 ・平面立上のコーナー部
立上り防水の端末 ・防水シートの破断、穴あき
シーリングの劣化による雨漏りの場合もあります。

防水層劣化のメカニズム
屋上・ベランダの防水は太陽光の紫外線により経年劣化します。 新築時の防水性能も年月と共に劣化していきます。

現在、屋上・ベランダにどのような防水施工されているかにもよりますが 経年変化により加硫ゴム系シートですと接着剤の接着力が弱くなったり 合成高分子系シートでは、シートの可塑剤の飛散によりシート自体の柔軟性が失われ破断、またはシートの縮みによりコーナー部の剥離が起きている場合があります。

露出アスファルト防水においても表面保護のシルバー塗料の飛散により、太陽光の熱を受けアスファルトの油分が揮発し劣化してまいります。

防水改修の方法
 
・建物の寿命を想定した修繕(補修)計画を!

皆様の大切なお住まいをいつまでも快適な状況で維持させる為には、早期メンテナンスが不可欠です。防水材料には耐用年数があります。

通常10年を過ぎた頃から劣化が目立ち始めます。耐用年数が切れる前に!それが、最も効率的な改修方法で、工期・コスト共に最低限に抑える事が出来ます。

・改修コストを考えて!

防水層の機能が完全に失われてからの改修は、建物の躯体補修や下地調整、廃棄物の処理に思わぬ費用や時間がかかります。早期の改修で、欠陥箇所の集中的な治療が行なえ、コストも経済的です。劣化の芽は小さいうちに摘むに限ります。

詳しい商品紹介や工法はこちら>>工法の紹介ページへ
防水改修例
天井に雨漏りしていましたが、屋上を改質アスファルト防水トーチ工法にて改修しました。 下地にクラックが多数ありましたが、改修でお施主様に喜ばれました。
この現場は1階の天井に雨漏りしていました。ウレタン塗膜防水(X-1工法)にて改修しました。
この現場は1階の天井に雨漏りしていました。ウレタン塗膜防水(X-1工法)にて改修しました。
その他の施工事例はこちら >>施工実績ページへ

塗装工事・防水工事の中部レキセイ お問合せはこちら