防水工事の種類

防水工事の原則は『適材適所』です。どんな建物にも万能な防水工法というものは無く、施工個所よって適した材料・工法は異なります。 特に改修工事の場合は、施工個所と工法の相性がその後の防水性能を維持する上で最も重要です。
防水改修は「どんな防水がしたいか」ではなく、「皆様の建物には、どんな工法が適しているのか」を選択することから始まります! ここでご紹介する工法は、一般的に広く採用されている工法ですが、皆様の建物にとって、どんな改修方法が適しているかは、一概にはいえません。
建物の造りは多種多様で、全てが違う形をしているので、それぞれの建物に適した工法は異なります。
その為当社では、お問い合わせを頂いてから現地調査をさせて頂いた上で、お客様の建物にとって最善の工法をご提案させて頂きます。
現地調査・お見積りは無料です。(対応できない地域、交通費実費が必要な場合がございますので、お問い合わせの際にご確認下さい。)